山里のまど

2019年4月より次女が親元離れて徳島の山奥で山村留学をしています。山村留学のことや山の暮らしについて書いてゆきます。

山里ステイ 黒滝トレッキング

父ちゃんです。

 

 12月に木頭を案内してもらってから、つむちゃんは家で「4月からは木頭だからね~」と山村留学する前提で色々話をするようになりました。

父としては「行け行けぇー」と思う反面「そんなに簡単に決めて大丈夫かいな?」と気にもなってましたが、夢が膨らんでいるようなので深くは突っ込まないようそっとしていました。

 

山村留学申し込みの期限は2月末で、その前、2月上旬に山村留学センター結遊館企画の「山里ステイ」という行事があり、木頭の環境を体験しつつスタッフさんや木頭の人たちと一緒に過ごす機会があるということで参加してきました。

都合により今回は父とつむちゃんの二人。

 

イヴェントのタイトルは「黒滝トレッキング」。

厳寒期に氷結するという黒滝(「くろたび」と読むそう)を歩いて見に行こう、夜は星空を見ながらうどんを食べよう、という企画。

はいはい、滝ね、子どもが行けるようなとこやったら遊歩道みたいなの歩いてちゃちゃっと行くんやね、と思っておりましたが、ちょっと違う。

「現地では積雪した山道を歩けるような靴を用意してください」

「標高1000mを超えるので防寒対策は万全にお願いします」

黒滝は林道終点から1時間半ほど、道は踏み跡程度しかなかったところを今回ある程度整備したそうで、四国とは言え剣山系の深い山の奥なので積雪は当たり前。

夜の「星空うどん」は綺麗な星を見るために集落から遠く離れた林道の標高1000mの峠まで行くと言うのでマイナス10℃くらいは想定しておかないといけないか。

 

まあ、うちの場合は「そういうの」に慣れていて、雪山登山もここ数年行ってるから装備はあったものの、街に住んでる普通の人にとっては「ちょっと山の学校の暮らしを体験」という域を超えてしまってるのではないか、やばいっすね。

これは「山の暮らしの厳しさ」を知らしめるためにわざとハードルを上げているのでは、などとも邪推してしまうところ、結遊館玄番さんののほほんとした口調からして、どうも「このくらい普通」と思っているように見えます。

 

そう、このくらいが普通の環境なのです。

後になって改めて思うのですが「普通」の感覚は土地土地で違うわけで、この「普通」の中で過ごせるというのは何とも素敵なことなんじゃないかな、なんて面白い場所だ、と自分などは思う訳です。

まあその辺は人それぞれで、そんな過酷な環境とんでもないと思う人もいれば、体験自体は良いけれど街とは違うということをもっと意識付けするべきだと考える人もいるかもしれません。

ただ、当の子どもたちは大人の余計な心配をひょいっと飛び越えて未知の世界に入り込んでいったりするもので、現に娘も他の参加者の子どもたちと一緒に山道を駆けて集団の先頭で見えなくなるくらい先々に進んでいくのでした。

 

当日は午前中雨が降って出発が遅れたものの、今年は暖冬で積雪なく至って歩きやすいコンディションでした。

元来、滝があることは知られていたものの整備された道が無くパンフレット等にも載らない存在だったところを、木頭の地域おこし協力隊の方の尽力で法面を補強したり危険個所に梯子をかけ案内板を立てたりと、環境を整えて頂いていたおかげでかなり歩きやすくなっていました。

 

f:id:seonious:20190915231057j:plain


 

 

参加者総勢20人くらい?山村留学センター結遊館のスタッフさんと我々子連れの参加者2家族の他に地域おこし協力隊や移住希望の方、地元のお年寄りの方々など本当に多様なメンバー。

結遊館の玄番さんは20年以上前の関西からの移住者、協力隊の方々はここ数年の移住者、移住検討中で何度かしか来たことのない参加者と、人生のほとんどをこの土地で過ごしたお年寄りの方々、一つの層に固まらず様々な立場の人たちが一同に会して目的地に向かうという、この懐の深さに木頭という小さなコミュニティの他にない良さを感じます。

どうやらこの企画のために集落から広い世代の人たちが集まって、協力して準備を進めてくれていたようで、歩きながら色々な人たちの話が聞けたのも楽しいことでした。

(結遊館のブログにその様子も載っています)

 

子連れの参加者は一家族、大阪からの小6男子と小1女子のきょうだいとお父さん。

子ども同士はすぐに仲良くなるので滝までの往復の時間に色々遊びを考えながらずっと一緒にいました。

 

残念ながら気温が下がらなかったので凍った滝は見られなかったのですが、黒滝は高さ45mを真っ直ぐに落ちる壮大な滝でなかなかの見ごたえ。

こんな滝が地図にも載っていないなんて、これも僻地ゆえなのか。

絶景は行くとこ行ったら普通にある景色だということ、ただここに至るまでが都市からの視点では険し過ぎるから紹介しづらいだけなのか、それはこの奥那賀の至る所にある名もなき渓流や美しい山を見ても思いました。

 

夜の「星空うどん」は結局天気が回復しなかったため公民館屋内で。

でも一瞬の雲の切れ目から宇宙ステーションが横切る光を見ることができて大歓声。

そして何よりも猪肉の煮込みうどんの美味しいこと!

山の幸が沢山入ったうどんの味は忘れられません。

 

 この一日の諸々は山村留学センター結遊館が子どもたちに木頭の生活を体験してもらうために企画されたもの。

ですが実際行って見れば集落の様々な立場の人たちが関わって、何ヶ月も前からそれぞれの得意分野を活かして「この土地でしかできない体験」のために準備してくれていたことがわかります。

実際子どもも大人も感動と驚きある体験を沢山しましたし、この大勢の人たちとの関わり自体が素敵な体験でした。

 

www.youtube.com

 

山村留学のきっかけ(母の視点)

父ちゃん母ちゃんそれぞれ別々、同じお題で書いてしまっていました。

起こったことが同じでも、見方がそれぞれ違って面白いかと思うので両方掲載します。

「山村留学のきっかけ(父の視点)」はこちら。

 

母です。

山村留学のほんとの最初の最初のきっかけは、私と2人でいるとき唐突に次女のつむちゃんがつぶやいた「田舎に住みたいなあ」という一言でした。

彼女が2歳まで住んでいたのは東京23区の端っこの、便利だけどとても人口が多く、幹線道路に囲まれてちょっと空気の悪い場所。それと比べるといま住んでいる関西の都市郊外は、海が近くて、住宅地の合間に畑や田んぼ、ため池も残っていて、空が広くそれなりに緑もある場所です。

「ここもまあまあ田舎だよ」と私が言うと「そういうんじゃないの、もっと田舎」と、否定されました。後日よく話を聞いてみると、彼女の好きな物語の本に出てくるような、たとえば「魔女の宅急便」のキキが育った森の中の家、のような場所をイメージしているらしいとわかりました。

とはいえ、一生住むつもりでほんの4年前に新築したばかりの我が家。移住する気はありません。高校生になったら夏休みに山小屋で泊まり込みのアルバイトしてみる?とか、大人になったら好きなところに住むといいよ、とかそんな話をして終わらせた気がします。

そんな出来事をなんの気なく夫に話したところ、ある日彼が「田舎暮らしできるところがあるぞ。お山の学校を見に行こう」と、旅行の計画を立ててきたのです。山村留学、についてはたまに学校からも案内のお手紙をもらっていたので、そういう制度があること自体は知っていました。でも、つむちゃんの「田舎に住みたい」のイメージと山村留学は、私の中でつながっていませんでした。


小さい頃から家族で山に登ったりして自然には親しんでいたものの、普段は根っからのインドア派で、家にいるときはおもに本を読んでいるかパソコンでYouTubeを見ているか、折り紙や工作をしているか、ピアノを弾いているか。お出かけや旅行をしても「早くお家に帰りたい」が口癖の次女。頑張っている習い事もあるし、楽しみにしている学校行事もあるし、学校の友達もいるし、なにより小学五年生で家族と離れて寮生活?まさかねえ。

夫が根っからの僻地好きで、家族旅行でいつも僻地にばかり連れて行かれていたので、徳島の山奥と聞いて「子どもにかこつけて自分が遊びに行きたいだけでしょ…」と思っていました(半分はその通りだったのですが)

旅行の当日(12月)、どこまで連れて行かれるのかよくわからないま山道を延々登る車に乗って、木頭の中心集落に着きました。そこで山村留学センター結遊館のゲンバさんと合流し、木頭小学校へ。車から降りた瞬間、子どもたちの目が輝き、私も「わあー」と思わず声が出ました。神社の鳥居の両脇に、大きな大きな二本の杉の木。樹齢何百年なんだろう。見渡す限り緑の山々。トトロが住んでいそう。その中に新しくてこぢんまりとした綺麗な校舎。

休日のため中には入れませんでしたが、入り口からのぞくと、内装にふんだんに木が使われた、暖かみのある雰囲気の校舎でした。つむちゃんはかなり気に入った様子。

その後、さらに山道を車で登って、「おららの炭小屋」や、山村留学生が暮らす寮である「結遊館」へ。工作ができそうないろいろな素材や道具、それに豊かな自然。結遊館は古い郵便局を改装した建物で、昔ながらのガラガラと音をたてる木製サッシの窓。冬はだいぶ寒そうだけど、二段ベッドや学習机のある子供部屋があり、本も沢山あってなかなか面白そう。

「見にいくだけ」だったはずが、「かなり面白そう」「行って見たいかも」に変わり、そこから、山村留学すべきかどうか悩む日々に突入するのでした。

 

f:id:seonious:20190909232441j:plain

おららの炭小屋

 

山村留学のきっかけ(父の視点)

父ちゃん母ちゃんそれぞれ別々、同じお題で書いてしまっていました。

起こったことが同じでも、見方がそれぞれ違って面白いかと思うので両方掲載します。

「山村留学のきっかけ(母の視点)」はこちら。

 

父ちゃんです

 

つむちゃんが「いなか暮らししたいなあ」と言い始めたそもそものきっかけが何だったのか、本当のところいまだよくわかっていません。

本が好きで、その頃(今もだけど)よく読んでいた魔法使いの物語の舞台がいわゆる「田舎」だからかな?というのは妻の推測。

彼女は思いついたことをすぐに口に出さず、想いを練りに練ってから外に出すところがあるので、9歳の子どもの頭の中で、大人が気付かないような小さなきっかけから膨らんできた何か大きなものがあったのかもしれません。

「いなか暮らし」と聞いて頭に浮かんだのは「移住」という言葉で、旅好きゆえに興味はあったものの、明石で店やってるし、長女は高校受験、父親が体調悪くしていたという事情もあり、現実的なものではありませんでした。

 

同時期、どっちが先だったか覚えていないけれど、四国の山奥を自転車旅する機会がありました。

それは、地図の細い谷の奥の奥の平地もほとんど無いような険しい土地に数軒だけの集落がぽつんとあるのを見つけて「ここにどんな暮らしがあるのだろう?」と気になったところから始まった旅。

ほぼ無住の地となってしまったその高知県の伊尾木川をさかのぼる行程は日本の果ての果ての姿を見た思いで衝撃的だったのですが、書き始めると長くなります、これまた別の機会にじっくり。

その高知県側の深い深い山に分け入って険しい峠を越えて、徳島県に抜けた先の木頭という村の光景が、同じく高い山々に囲まれていながら少しばかりの土地に田畑があり、穏やかな暮らしの場を見て何だか桃源郷に辿りついたような思いで、こちらもまた印象に残っていました。

元々木頭の隣の木沢には新婚旅行で来ていたし(そのころから山村好きだった訳で)、前の年にキャンプしに来たりと、少しは知った土地だったのだけど、この旧木頭村の方には来たことがなかったので、それ以来気になってネットであれこれ調べているうちに、山村留学センター結遊館の情報に行きあたったのでした。

家族全員で引っ越ししなくても子どもだけ田舎暮らしを体験できる、親としてもその素敵な土地との関わりができる、面白そうじゃないか、と。

 

正直つむちゃんのイメージしている「田舎暮らし」と重なるものがあるのかどうかわからなかったし、何より、母ちゃんべったり甘えんぼで知らないことに対して慎重な彼女が親元離れて1年暮らすなんて想像できなかったのですが、何か興味を持つものがあるかもしれないと、木頭に連れ出したのが4年生の12月。

結遊館のスタッフさんには「興味があるので見学だけでも」ということで案内をお願いしていました。

 

木頭に向かう道中で、つむちゃんに「お前田舎暮らししたいって言ってたやん、今から行く先の村で1年間暮らしてみるってどう?父ちゃん母ちゃんと別々で、離れて暮らすことになるけど」と聞くと、「やだ!絶対やらない!」

やっぱりねー。

 

「まあ、ちょっと話聞くだけでも聞いてみようや~」と待ち合わせ場所へ。

 結遊館の玄番さん(通称たーたん)に学校~図書館~寮のある北川集落と案内してもらいました。

実は子ども達は最初の学校に行ったところから大はしゃぎ。

住宅地にある無機的なコンクリート造りの地元の学校と違って、高台から自分が桃源郷と感じた村を見下ろすロケーションに地元木材をふんだんに使った温かみのある校内の雰囲気に「すごーい!こんな学校行ってみたい!」と一目ぼれ。

小さな村なのに本が揃っている図書館も、読書好きのつむちゃんには魅力的だっただろうし、結遊館の寮の建物も手造りの遊び道具があったり、楽しげに川遊びする写真があったり。

大人の目からは学校関係だけでなく、木の皮から繊維を取り出して衣服を作る昔からの織物(太布織)の復活を試みていたり、これまた昔の山の産業であった炭焼き小屋を集落で運営していたり、畑の石積みの修復を集落の若い衆が集まって行っている場に行き当たったり、山奥の暮らしに代々受け継がれてきたものを大切にいている姿に感銘を受けました。

 

木頭を離れて宿に向かう道で「つんちゃん、ちょっと山の学校行ってみたいなあ」と言うようになっていました。

その時はまだ余り深く掘り下げずに「また2月の体験会に行ってみて考えようか」と返したのですが、始まりはここからでした。

 

f:id:seonious:20190909233002j:plain

木頭小中学校

f:id:seonious:20190909233112j:plain

石積みの修復作業

 

はじめに

小学5年生の次女「つむちゃん」が2019年4月より、兵庫県明石市の自宅を離れて徳島県那賀町の木頭小学校に山村留学しています。

山村留学について簡単に説明すると、生徒数が少ない僻地の学校に他の地域から期間限定で「転校」する制度です。

子どもの少ない学校にとっては一人でも増えることによって賑わいが生まれ、学校自体の維持にも効果的で、「留学」する子どもにとっては街の環境と全く違う世界を体験できるというのがメリットと言えます。

 

余り広く知られているとは言えないかもしれませんが、過疎という言葉が社会問題になりつつあった昭和の終わり頃から各地で始まっています。

制度の形はその学校ごとそれぞれで、里親形式で地元の家庭にホームステイする場合もあれば、宿舎を提供して親子で暮らしてもらう場合もあります。

木頭小学校の場合は家庭に入るのでなく、寮となる山村留学センターがあって、管理人さんに身の回りのことを世話してもらう形になっています。

それぞれのやり方に一長一短あるのでしょうが、木頭の山村留学センター「結遊館」は子どもたちの主体性を尊重しつつ、山里ならではの体験ができるよう考えてくれて、こどもたちにとって非常に充実した日々を送れているように見えます。

子どもからも「行って良かった」という声を聞きますし、親の目からも向こうで楽しんでいることがよく伝わってくるので、現時点では行かせて良かったと思っています。

そして親である自分も、木頭での色々な行事を楽しんでいますし、山の暮らしという未知の世界に触れることで刺激の多い体験をさせてもらっています。

 

ということで、こんなに面白い制度をもっと多くの人に知ってもらいたいと思ってブログを始めてみました。

木頭での日々、結遊館での活動については結遊館のFacebookページでレポートされているので、自分の方からは親の目から見た子どもの変化や、街の目から見た山里の暮らしなど、印象に残ったことを書いてゆこうかと思います。